今回の自然体験・自然観察会は、50名程の応募者があり、
抽選により、32名の参加者と役員11名で行われました。

今日の参加者の中には、リピーターのお子さんもいて、うれしかったです。
お天気にも恵まれ、元気な子供たちと楽しい時間を過ごしました


31回自然体験・自然観察会


<森のお宝発見>

ウスビガのマユ
ウスタビガのマユ(卵付)


冬虫夏草
冬虫夏草


オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ


雑木林について
雑木林についての解説


オオムラサキについて
オオムラサキについての解説


実踏の時は5頭見つかったオオムラサキの越冬幼虫ですが、
今日は、10頭見つかりました。

ゴマダラチョウは、今日も見つかりませんでした
観察した後は見つけた場所へ、そっと戻しました。

越冬幼虫探し
越冬幼虫探し


谷戸について
谷戸についての解説


教室に戻って、オオムラサキの標本を見たり、
観察会のまとめをしました。

林のビンゴ


観察会で見つけたものなどをビンゴしました。
わたしは、6ビンゴでした。

林のビンゴ2
林のビンゴ




以前から気になっていたロープのような蔓。。。
今回、葉痕を確認して、クズの蔓だと判りました。

真ん中辺りの蔓が見えますか?

クズの蔓
クズの蔓


クズの葉痕
クズの葉痕



ヌルデ葉痕1
ヌルデの葉痕


ヌルデ葉痕2


ヌルデ葉痕3

今日は、23日の「自然体験・自然観察会」のコースの下見に参加しました。

エノキの落ち葉の下で越冬する、
オオムラサキやゴマダラチョウの幼虫を探しました。

オオムラサキの幼虫が5頭見つかりましたが、
ゴマダラチョウの幼虫は見つけることが出来ませんでした。
最近は、ゴマダラチョウが少なくなっているそうです。

背中の突起が4対がオオムラサキ、3対がゴマダラチョウです。
当日は、両方の幼虫が見つかるといいなぁ!

オオムラサキ越冬幼虫1
オオムラサキの越冬幼虫


オオムラサキ越冬幼虫2


チャバネフユエダシャク ♀
チャバネフユエダシャク ♀


ウスビタガのマユ
ウスビタガのマユ


コカマキリの卵塊
コカマキリの卵塊



今回の自然観察会のテーマは「遊ぼう!秋の里山 虫や木の実・草の実さがし」です。
講師の先生3名と、午前中は秋の里山をまわり、動植物の観察をしました。

観察会1


観察会2

休耕中の畑で、いろいろな虫を探しました。
男の子たちの一番人気は、カマキリです。
同じカマキリでも、環境によっていろいろな色のカマキリがいました。
カマキリの卵も、見つかりました。
観察会3


セイタカアワダチソウにたくさん虫がいました。
カメムシの仲間だそうですが、長い名前でなかなか覚えられません

ヒメジュウジナガカメムシ
ヒメジュウジナガカメムシ


マヤラン
マヤラン


クルマアザミ
クルマアザミ


ヤマハッカ
ヤマハッカ


休耕田でお昼を食べて、タデ科の植物の観察などをして教室に戻りました。
教室では、いろいろな植物の種の移動方法をみんなで考えました。

↓写真は、熱帯と亜熱帯の植物で、沖縄でも見られるマメ科のモダマのサヤです。
モダマの種子には内部に空間があり、海水に浮かぶことができるそうです。
あまりの大きさに、みんなビックリでした。

観察会4

いろいろな種を見た後に、模型を作って、3階から飛ばしました。
去年よりも子供の参加が多かったこともあって、
落ちてくる模型を取るのに一生懸命でした。

1日中、よいお天気に恵まれて、無事に終了してよかったです

2012.10.09 池の沢の秋色
里山探検の後、用事を済ませて、池の沢をまわってみました。
タマゴタケやユキダルマに似た面白いキノコに出会いました。
調べてみると、シロオニタケと言う毒キノコでした

タマゴタケ1
タマゴタケ


タマゴタケ2


シロオニタケ
シロオニタケ



ツルニンジン
ツルニンジン



タカアザミ
タカアザミ


ウリクサ
ウリクサ


ザクロソウ
ザクロソウ


センナリホオズキ1
センナリホオズキ


センナリホオズキ2


イチビ1
イチビ


イチビ2