暖かい日が続いたので、だいぶ咲き進んでいました。

セリバオウレン1


セリバオウレン2
セリバオウレン


セリバオウレンは、花びらのように見える白い部分は額で、
雄花、雌花、両性花とありますが、雌花はあまりみかけないので探してみました。
それらしいものをはっけ~ん

セリバオウレン 雄花
雄花


セリバオウレン 雌花
雌花?


セリバオウレン 両性花
両性花



今日は、毎年お邪魔している、お宅のセツブンソウとフクジュソウに会いに行ってきました。
暖かな陽気に、フクジュソウは太陽に向かってボラボラアンテナをいっぱいに開き、
池では賑やかなカエルの声も聞こえていました。

気温が20度近くまで上がり、上着が要らない暖かな1日になりました。
スギの木が茶色になっていて、風が強かったので、かなりのスギ花粉が飛んだかな?
今のところ、花粉症の症状は出ていないのですが、
今年は、飛散量が多いということで、ドキドキしながらアウトドアしています。


節分草1


節分草2


節分草3
セツブンソウ


福寿草1


福寿草2


福寿草3
フクジュソウ


ザゼンソウ゜
ザゼンソウ


お天気良好~
谷戸を藪漕ぎし、雑木林~畑のコースで里山を探検してきました

谷戸では、ムラサキケマンやキツネノカミソリが葉を出していたり、
オニシバリがつぼみを付けていました。
それから、ヤマアカガエルの産卵を確認しました

雑木林のエノキの下では、オオムラサキの越冬幼虫がいました。

陽当たりのよい畑では、栄養満点で大きな花を咲かせているオオイヌノフグリ
ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ウシハコベの花を見つけました。

日も少しずつ長くなってきました。
春本番は、そこまで来ていますね


梅
放置された梅林では、白梅が咲いていました。


ムラサキケマン
ムラサキケマン


オニシバリ
オニシバリ


タチツボスミレ
タチツボスミレ


ウシハコベ
ウシハコベ


ヒメオドリコソウ
ヒメオドリコソウ


今日のフロラ調査は、片倉~みなみ野周辺(メッシュ64・77)でした。

先日の雪が、残っている場所もありましたが、
陽だまりでは、セイヨウタンポポ ノボロギク キジムシロ ホトケノザ 
ヒメオドリコソウ オオイヌノフグリ ミチタネツケバナ ナズナの花が咲いていました。

セイヨウタンポポ
セイヨウタンポポ


キジムシロ
キジムシロ


ヒメオドリコソウ
ヒメオドリコソウ


なんと、冬眠から目覚めたナナホシテントウもお散歩中でした

ナナホシテントウ


今回、初見の植物は、ナギイタカダ(梛筏)です。

名前は、葉が似ている針葉樹のナギと
葉の上に花の咲くハナイカダを合わせて付けられたそうです。

葉のように見えるのは、枝の変形したもので、
本物の葉は小さな鱗片状に退化していて、ほとんど目立たちません。

葉の先端は棘になっていて、とても鋭く痛かったです。
動物の侵入を防ぐ目的や、保安上の観点から
生け垣や耕作地の境界などに植栽されているそうですが、
確かに、畑の境に植え込んでありました。

ナギイカダ


ナギイカダの実
ナギイカダ


雪が降ったりで咲くのが遅れているかな。。。?
と思っていましたが、ぽつりぽつりと咲き始めていました。

先日の雪が、所々残っていて、
シャリシャリのかき氷のような雪ですが、少し違った雰囲気で撮れました

雪とセリバオウレン


セリバオウレン2


セリバオウレン1


セリバオウレン4


セリバオウレン3


セリバオウレン5



今日はバレンタインデー

ハートを探しに昭和記念公園へ行ってきました。

陽当たりのよい丘ではっけ~ん
花びらに小さなハートを持つホトケノザです

ホトケノザ2


ホトケノザ1
ホトケノザ


セツブンソウが咲いていましたが、先日の雪の重みのせいでしょうか?
少し茎が曲がっているものが多かったです。
自然の中で咲くセツブンソウは、まだ雪の下かな。。。
早く会いたいです

セツブンソウ1

セツブンソウ2
セツブンソウ


フクジュソウやスノードロップも咲き始めていました。

フクジュソウ
フクジュソウ

スノードロップ
スノードロップ


午後からの出動だったので、日本庭園や梅園へはタイムオーバー
今度は、ゆっくりお散歩したいです。



2011.02.13 稲葉稔写真展
裏高尾のコーヒーショップ「ふじだな」さんで開催中の稲葉稔さんの写真展に行きました。
今回のタイトルは、「裏高尾 冬の草花 -霜と雪に耐えて-」です。

雪の中で咲く草花たちの凛とした姿、
道端の草が霜をまとい美しく変身した様子に感動しました。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 稲葉稔写真展 「裏高尾冬の草花 -霜と雪に耐えて-」
★とき 2011年2月2日~28日(水木定休日)
    10:00~17:00
★ところ 珈琲自家焙煎の店「ふじだな」
      八王子市裏高尾1254
    042-661-0798
ふじだなMAP
★アクセス JR高尾駅北口より小仏行バス「裏高尾」下車徒歩2~3分



**展示の様子**
稲葉稔写真展1


稲葉稔写真展2



気になっていたハナネコノメに会いに行ってきました。
とても小さくて粟粒ほどのつぼみです。

ハナネコノメ1


見ごろまでは、まだまだかな。。。と思っていたら
少し離れたところで、ちょっぴり赤い蕊が覗くハナネコノメ数本発見!!
春がそこまで来ているようで、うれしくなりました。
待ち遠しくて、通ってしまいそうです

ハナネコノメ2

ハナネコノメ3


今日は、晴れて暖かな1日でしたが、
斜面は昨日までの雪が白く残っていて、木々の黒い影をくっきりと映していました。

栗山2月


今回の栗山観察会は、エノキの葉を食草とするチョウの越冬幼虫の調査をしました。
エノキの落ち葉を1枚ずつ裏返して、探しました。
見つかったのは、オオムラサキ(2頭) ゴマダラチョウ(2頭) アカボシゴマダラ(1頭) の3種類計5頭です。


** MEMO**
3種の見分け方は。。。
オオムラサキ・・・・・・背中の突起が4対でほぼ同じ大きさ。尾端は開く。
ゴマダラチョウ・・・・・背中の突起が3対。尾端は開く。
アカボシゴマダラ・・・・背中の突起は4対だが異なる大きさ。尾端は閉じる。

アカボシゴマダラについて。。。
日本では、もともと奄美大島だけに生息していましたが、
最近は神奈川県を中心に関東周辺で増えているそうです。
しかし、奄美大島のものとは違う中国大陸産のアカボシゴマダラだそうです。
国立環境研究所の侵入生物データベースによると、「人為的な放蝶と考えられている」となっていました。
無責任に生態系を壊すような行動はやめて欲しいです。


特徴が上手に撮れませんでした
写真はこちらをクリックしてご覧下さい。
→続きを読む?