今日は、栗山観察会に参加しました。
数日、寒さが続いたせいか、ビオトープには厚い氷がはっていて、
カシワバハグマのシモバシラがあちこちに出来ていました。

カシワバシモバシラ1


カシワバシモバシラ2


カシワバシモバシラ3
カシワバハグマのシモバシラ


寒さの中、春を探しました _(・・ ))キョロ(( ・・)キョロッ
公園の白梅が数輪ほころび、ニホンスイセンの蕾が膨らんできています。

いろいろなキク科の綿毛たちを観察できました。
枯れ葉色がシックでとてもきれいです。

カシワバハグマ
カシワバハグマ


オヤマボクチ
オヤマボクチ


タカオヒゴタイ
タカオヒゴタイ


ヤクシソウ
ヤクシソウ



** MEMO**
オニドコロとヒメドコロの見分け方
  ヒメドコロは翼の真ん中に種子があるが、オニドコロは翼の下の方に種子がある。

キク科の花のつくりについて
  蕚と思っていた部分は、総包(そうほう)と言う。
  http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/tsuwabuki.html


Secret